口周りにできるにきびの原因・ケア・予防法

思春期の頃にできるニキビは額から鼻にかけてのTゾーンや頬などにできるものがほとんどですが、大人になってからできるニキビは口周りや顎周辺部、フェイスラインなどのあまり皮脂の分泌が盛んではない場所にできることが多くなります。これは思春期にきびと大人にきびではできる原因が異なるためで、思春期にできるニキビは成長ホルモンが急激に増加することによってホルモンバランスが乱れたり、皮脂の分泌が過剰になることが影響していると言われるのに対し、大人になってからできるニキビの原因はもっと複雑で多岐にわたっているといわれています。
口周りにできるニキビに悩まされる人が多いのは女性の場合には生理前になると特にこの部位にニキビが繰り返しできてしまう人が多く、黄体ホルモンの分泌量が増えることが原因だと言われています。さらにストレスによって副腎皮質ホルモンの分泌が増えることや胃腸障害によって口周りにニキビができることも判明しています。
大人にきびのケアのためには洗顔で清潔にするだけではなかなか改善するのが難しく、清潔にすることと同時に充分に水分補給して保湿を心がけるケアが有効であり、大人ニキビの予防法にもなるとされています。

酵素洗顔